経験者の枠に自分が入るか不安な人へ

経験を活かせる職場を選ぼう

今までの経験が活かせる職場を選ぶために知っておきたい情報を紹介しています。売り手市場の業界は転職しやすいですが、きちんと下調べをしなければ後悔する結果になってしまいます。そうならないよう、効果的に自分にマッチする職場を探す方法を知りましょう。

自分は応募しても良いのか?という不安

自分は応募しても良いのか?という不安

Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る

どのレベルから「経験者」なのか

経験者優遇と書かれていて、実際にその仕事の経験があったとしても、本当に自分は経験者の枠に入るのだろうかと心配する人も多いかと思います。待遇が良いがゆえに、その待遇を得られるほどの能力が自分にはないのではないかと不安になり応募をためらってしまうこともあるかと思います。日本人は元来謙虚な性質を持つ人種です。例えば海外の人は「コンニチハ」「ニンジャ」「スキヤキ」程度の日本語を知っているくらいでも、「私は日本語ができる」と言います。しかし日本人はそうは言えません。謙虚と述べましたが、ネガティブな言い方をすれば消極的とも言える性格なのです。それゆえ、経験者であるという確証がなければ応募をためらってしまうのです。
これは大まかな目安ではありますが、経験者と呼べるかどうかは実務経験が3年あるかどうかで区切るといいでしょう。1年~2年程度だとまだ新人レベルであるとみられることが多いです。実務経験が浅い場合は、他に自分のスキルを証明できる資格などがないと採用が厳しいかもしれません。

経験が浅いと無理なのか

では、実務経験が浅い人は経験者として転職することができないのかというと、決してそういうことではありません。むしろ重要なのは、経験年数よりもその仕事の「適正」です。例えば物販店のスタッフの場合、主な業務として挙げられるのは商品の陳列やレジ打ちです。しかしこれらができるからといって適性があるとは言えません。それ以外にもお客様への気配りやスタッフとの連携、そして仕事への責任感が必要になってきます。レジ打ちなどの業務を教えるのにはそれほど時間はかかりませんが、お客様への気配りや仕事に対する姿勢を身につけさせるのには多くの時間が必要です。そのため、単純な業務だけではなく仕事そのものへの適正が必要であること、そしてそれを上手くアピールすることができれば採用を勝ち取ることができるということを覚えておきましょう。

未経験者は無理なのか

では、経験者優遇の求人にまったくの未経験で応募することは無理なのかというと、これもそうではありません。あくまで「優遇」なので、経験者であれば優先的に採用され待遇も良いですが、未経験者であっても求められる人材に近ければ採用されます。「未経験者お断り」であれば無理ですが、あくまで経験者を優遇しているだけです。とはいえ、緊急で即戦力の人材を求めている場合や仕事内容が非常に高度な場合、実際には経験者しか採用していないといったケースもあるので、求めているのはどのような人材なのかを事前に企業側へ確認するというのも一つの手です。

経験を活かさないのはもったいない

CATEGORY:
自分は応募しても良いのか?という不安

求人に「経験者優遇」と書かれていて、実際にその仕事を経験したことがあっても、本当に自分は応募しても良いのだろうかと悩んでいる人に向けてタメになる情報を紹介しています。どこからが経験者なのか、やはり未経験だと無理なのかなど、気になる点を解説していきます。

詳細をみる

経験者優遇で転職を有利に

求人情報でよく見る「経験者優遇」というワードですが、これには一体どのような意味が込められているのか、その傾向が強い業界はどこで、上手に転職するためにはどうすればいいのかなどを紹介していきます。当サイトへのお問い合わせはこちらまでお願いいたします。