アパレル経験を活かせる転職先の探し方

経験を活かせる職場を選ぼう

今までの経験が活かせる職場を選ぶために知っておきたい情報を紹介しています。売り手市場の業界は転職しやすいですが、きちんと下調べをしなければ後悔する結果になってしまいます。そうならないよう、効果的に自分にマッチする職場を探す方法を知りましょう。

アパレルの仕事を探す

アパレルの仕事を探す

Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る

アパレル業界への転職

「オシャレが好きだから」「洋服が好きだから」「ファッションをもっと楽しみたい」といった理由からアパレル業界に入った人も多いことでしょう。好きなブランドショップの販売員として働きたい、という志望動機でアパレル業界を目指す人も多いです。 人気の高いアパレル業界には販売員以外にも数多くの職種が展開されています。業界で活躍しているのは、バイヤーとも呼ばれるMD(マーチャンダイザー)や業界ではプレスというPR(パブリック・リレーション)、型紙での制作を行うパタンナー、人気職種でもあるファッションデザイナー、さらに重要な役目を担っている営業や広報、事務など多様です。仕事内容も幅広いですが、ブランド数の多さもアパレル業界の特徴と言えるでしょう。
また、経験を活かして働ける職種が多いため、アパレル業界の離職率は高く、転職する人が多い業界とも言われています。人によっては2~3年のペースで転職を繰り返すケースもあり、転職しやすい業界であることが伺えます。


転職先のチェックポイント&探し方

アパレル業界で経験者が転職先を探すときに押さえておきたいポイントがいくつかあります。
まず何よりも重視したいのが「自分の一番好きなブランドかどうか」ということ。情熱の度合いによって、ブランドの魅力や世界観をお客さまに伝えられるかが変わってくるものです。さらに、好きなブランドショップで働いているという現実により、仕事へのモチベーションにもつながります。
その他のチェックポイントは、「どんな場所で働くのか」という店舗の立地です。アクセスがしやすいという立地の良さは誰しも嬉しいポイントですが、オシャレなエリアに店舗があることもチェックしておきたいところ。流行発信の街で働くことで自然とテンションも上がるでしょう。
好きなブランド空間で働けることは何にも代え難い喜びです。でもそれだけの理由で働き続けられない人が多いのもまたアパレル業界ならではの事情かもしれません。というのも、アパレル業界では上がいる限り昇格への道が開けないことが多いからです。ベテランスタッフがいることで昇格が望めない…と転職に踏み切る人も。そのため、将来を考えて早い段階で転職を決断することも一つのチェックポイントと言えるでしょう。

アパレル業界で転職先を探すとき、転職サイトを利用する人も多いはず。いろいろなサイトがあるためどこがいいのか迷いがちですが、各転職サイトの特色から自分に一番合う転職サイトを活用するとよいでしょう。その他に、地域の求人情報を載せているタウン誌やフリーペーパー、折り込みチラシなどを利用して転職活動を行うのもおすすめです。


志望動機でアピールするべきポイント

入社したい意欲を唯一伝えられるのが志望動機の項目です。ブランドへの情熱や感じている魅力を伝えるチャンスでもあります。面接時に「なぜ当ブランドを選んだのですか?」と質問されたときには、自身が抱いているブランドへの熱い気持ちを伝えましょう。ただ、熱意を伝えるのは大切なことですが、それだけでは動機として乏しいかもしれません。そんなときにはプラスαの要素として、店舗を訪れた際に感じたブランドや店舗の特性、商品・接客に関することなど、感想を盛り込みつつ志望動機を伝えることで、働きたい意欲を示すことができます。また、働きたいと思ったきっかけとなるエピソードを伝えるのもよいでしょう。

アパレル業界で働いた経験のある人は、これまでの実績をアピールしましょう。たとえば、販売スタッフであれば売上目標に対する達成度や担当顧客数、店長であれば運営に関する目標達成度などの実績を伝えます。また、前職で自身が始めた新しい取り組みや改善したことなど、活動したエピソードを取り入れるとより評価を得られる可能性が高いです。
未経験者の募集も多くみられるアパレル業界ですが、そのほとんどは販売職になります。未経験なので企業によってはアルバイト契約からスタートするケースも。とはいえ、アパレル業界で働けるならば、と雇用内容を気にしない応募者も多いです。好きなブランドで働けるチャンスを掴むために、アパレル未経験者も志望動機でのアピールが重要になります。伝えるべきポイントとして意欲・熱意ももちろん大切ですが、アピール材料として最適なのがどこでも通用する「ポータブルスキル」です。たとえば、語学力やプログラミング、CADといった専門的な技術や、マーケティング・Webサービスといった専門知識など、アパレル業界にも通じるようなスキルを持ち合わせていることで、自分の強みをアピールすることができます。また、接客サービスの経験がある場合もコミュニケーションスキルを多いに活かすことが可能です。 アパレル業界の経験者も未経験者も、これまで経験してきたことをしっかりとアピールすることで転職成功へと一歩近づくことでしょう。

経験を活かさないのはもったいない

CATEGORY:
自分は応募しても良いのか?という不安

求人に「経験者優遇」と書かれていて、実際にその仕事を経験したことがあっても、本当に自分は応募しても良いのだろうかと悩んでいる人に向けてタメになる情報を紹介しています。どこからが経験者なのか、やはり未経験だと無理なのかなど、気になる点を解説していきます。

詳細をみる

経験者優遇で転職を有利に

求人情報でよく見る「経験者優遇」というワードですが、これには一体どのような意味が込められているのか、その傾向が強い業界はどこで、上手に転職するためにはどうすればいいのかなどを紹介していきます。当サイトへのお問い合わせはこちらまでお願いいたします。