経験者が活躍できるのは例えばこんな業界

経験を活かせる職場を選ぼう

今までの経験が活かせる職場を選ぶために知っておきたい情報を紹介しています。売り手市場の業界は転職しやすいですが、きちんと下調べをしなければ後悔する結果になってしまいます。そうならないよう、効果的に自分にマッチする職場を探す方法を知りましょう。

例えばこんな業界で優遇されます

例えばこんな業界で優遇されます

潜在職員を呼び戻したい「介護業界」

日本は高齢化が進んでおり、それに伴って介護サービスの需要が増え続けています。その傾向は今後も続くことが確実視されているため、介護業界は多くの人材を必要としています。国を支える成長産業として注目されており、以前は働いていたが現在は働いていないという潜在職員の現場復帰も人材確保に向けた重要項目の一つとなっています。そのため、各自治体では様々な復職支援制度を展開しており、経験者として活躍しやすい環境が整ってきています。

ますます需要が増える「物流業界」

物流業界は介護業界と同じように人材不足に悩まされている業界です。ネット通販の普及により宅配需要が爆発的に増えました。それに伴って多くの人材が必要となっていますが、まだまだ足りていないのが現状です。アジア圏を中心に事業展開する企業も増えてきたため、将来性があり、なおかつグローバルに活躍することができる業界となっています。配送や保管だけではなく、幅広い場面に対応できる人材が求められているため、前職の経験が活かせる仕事に出会える可能性があります。

IT業界をひっぱっていく「SE」

IT業界は継続して需要が増え続けている安定した業界です。需要は高いものの人材が不足しており、売り手市場となっています。そのため、IT業界経験者は良い待遇で転職できるでしょう。その中でも特に必要とされているのがSE(システムエンジニア)です。開発作業だけではなく、現場のエンジニアをまとめて顧客との調整を行うマネジメント能力が求められます。今後も新しい技術は開発されていくので、需要が落ちることはないでしょう。

経験を活かさないのはもったいない

CATEGORY:
自分は応募しても良いのか?という不安

求人に「経験者優遇」と書かれていて、実際にその仕事を経験したことがあっても、本当に自分は応募しても良いのだろうかと悩んでいる人に向けてタメになる情報を紹介しています。どこからが経験者なのか、やはり未経験だと無理なのかなど、気になる点を解説していきます。

詳細をみる

経験者優遇で転職を有利に

求人情報でよく見る「経験者優遇」というワードですが、これには一体どのような意味が込められているのか、その傾向が強い業界はどこで、上手に転職するためにはどうすればいいのかなどを紹介していきます。当サイトへのお問い合わせはこちらまでお願いいたします。