「経験者優遇」の意図を知る

経験を活かせる職場を選ぼう

今までの経験が活かせる職場を選ぶために知っておきたい情報を紹介しています。売り手市場の業界は転職しやすいですが、きちんと下調べをしなければ後悔する結果になってしまいます。そうならないよう、効果的に自分にマッチする職場を探す方法を知りましょう。

企業側にはこんな意図がある

企業側にはこんな意図がある

Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る

お互いにとってメリットがある

「経験者優遇」として人材を募集する場合、企業側には「即戦力として活躍してくれる人材が必要だ」という意図があります。募集している案件と同じ、あるいは似た領域の仕事をした経験のある人であれば、入職してすぐに仕事に取り掛かることができるため、教育に費やす時間を大幅にカットすることができます。働く側としてもすぐに活躍して力になれることはやりがいになりますし、高い評価につながるので待遇アップも狙いやすいでしょう。お互いにとって大きな安心感を持って仕事に取り組めることが経験者優遇のメリットと言えます。
また、一つの分野を長く続けていくことで専門性が増していきます。日常的に仕事を続けているとなかなか実感することはありませんが、毎日同じ仕事を続けるというのは第三者からみれば非常に根気のいる作業です。そのため、経験者でありこれからもその仕事を続けていきたいという人材は、企業側からすれば「仕事に対して責任感があり、努力を継続できる人材」としてうつり、社会的信頼につながります。

注意したいポイントも

実際に求人情報誌や転職サイトを見てみても、経験者優遇という文字は頻繁に目にします。経験者優遇としたうえで、「給料、待遇等はご相談ください」としている企業は多いです。ですが、よく見る文言だという認識だけで実際の意図を理解していないと意味がありません。意図を理解することで思い違いや勘違いを防ぎ、転職活動の失敗を防ぐことができます。経験者優遇というのは、上述でも説明した通り同じような仕事の経験がある人を優遇する、という意味です。しかし一方で、「新人教育に割ける時間がない」「人手が足りず忙しいので経験者じゃないと無理」といったケースもあり得ます。新人を一人前に育てるためには多くの時間とコストを必要とします。そのため、初めから経験者を雇うことでその時間とコストを一気に削りたいと考えているケースもあります。

しっかり見極めることが大事

このように経験者優遇には2つの意図があります。そのため、よく見極めて応募しなければなりませんが、本来の意味で「優遇」してくれる職場で働くことができれば給与や勤務時間などの待遇面で今までよりもいい環境を得ることができます。また、それがやりがいにつながり仕事にプラスの影響を与え、それがさらなる高評価につながるといったサイクルができます。魅力的な求人に出会えたら、その際は積極的に自分の経験をアピールできるようにしておかなければなりません。
また、経験者優遇以外にも「○○歓迎」といった求人はいくつかあります。そこで、そういった求人にはどういった意図が込められているのかを紹介しているサイトを参考までに以下に紹介します。

経験を活かさないのはもったいない

CATEGORY:
自分は応募しても良いのか?という不安

求人に「経験者優遇」と書かれていて、実際にその仕事を経験したことがあっても、本当に自分は応募しても良いのだろうかと悩んでいる人に向けてタメになる情報を紹介しています。どこからが経験者なのか、やはり未経験だと無理なのかなど、気になる点を解説していきます。

詳細をみる

経験者優遇で転職を有利に

求人情報でよく見る「経験者優遇」というワードですが、これには一体どのような意味が込められているのか、その傾向が強い業界はどこで、上手に転職するためにはどうすればいいのかなどを紹介していきます。当サイトへのお問い合わせはこちらまでお願いいたします。