経験者として物流の仕事を探す

経験を活かせる職場を選ぼう

今までの経験が活かせる職場を選ぶために知っておきたい情報を紹介しています。売り手市場の業界は転職しやすいですが、きちんと下調べをしなければ後悔する結果になってしまいます。そうならないよう、効果的に自分にマッチする職場を探す方法を知りましょう。

物流の仕事を探す

物流の仕事を探す

Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る

志望動機のポイント

物流業界に転職する際の志望動機作成のポイントを紹介します。物流と一口に言っても扱う物は企業ごとに異なります。もちろん具体的な事業内容も異なりますので、まずはしっかりと応募先の企業がどのような事業を展開しているかを研究しておきましょう。そのうえで、数ある物流企業の中でなぜそこを選んだのかをはっきりと伝えなければなりません。職種によっても志望動機は変わってくるでしょうから、自身の希望やスキルとうまく結びつけられるように考えてください。そして、これまでの経験を活かしてどのように貢献していきたいかを具体的に伝えましょう。

人材紹介会社を利用しよう

2017年に大手の運輸会社がサービスの縮小と料金の値上げを発表しました。これは27年ぶりの料金改正となり業界内外で話題になりましたが、これに大きく影響しているのが人材不足問題です。物流業界の中でも特に不足しているのが輸送業にあたるドライバーで、2020年には10万人以上ものドライバーが不足すると予想されています。しかし一方で需要は増え続けており、この6年で市場規模は約2倍に拡大しています。
このように拡大を続ける産業であり、売り手市場であることから、最近は物流業界に特化した人材紹介会社が増えてきました。経験者だけではなく、未経験の人材を育てるサービスを実施しているところもあります。物流業界で働くにあたってポイントとなるのは、やはり運転免許の取得です。運転免許を取得したい人や、より大きな車両の免許を取得したい人に向けて補助金を支給するサービスを展開しています。例えば、フォークリフトは取得に5万円程度必要ですが、その半額を補助金として支給するなど、免許の種類や取得日数によって異なりますが、最大で15万円ほど支給しているところもあります。これによって求職者のネックとなる免許の取得問題をクリアすることができますし、経験者であればさらなるスキルアップを望むことができます。

メリット豊富

人材紹介会社が行っているのは免許の取得支援に限りません。例えば、これまで物流業界で活躍してきた転職コンサルタントからの専門的な転職サポートや、実際に足を運んでみないとわからないような内部情報の提供など、強固なサポート体制が整っています。また、都内に限らず地元密着型の地方企業の求人を扱っているところもあります。物流業界は市場拡大により幅広い職種を必要としているため、専門職だけではなくマネジメント能力を必要とする職種の求人などもそろっています。そのため、物流業界への転職を考えるのであれば、業界特化の人材紹介会社が運営する転職サイト(転職エージェント)の利用がカギとなるでしょう。

経験を活かさないのはもったいない

CATEGORY:
自分は応募しても良いのか?という不安

求人に「経験者優遇」と書かれていて、実際にその仕事を経験したことがあっても、本当に自分は応募しても良いのだろうかと悩んでいる人に向けてタメになる情報を紹介しています。どこからが経験者なのか、やはり未経験だと無理なのかなど、気になる点を解説していきます。

詳細をみる

経験者優遇で転職を有利に

求人情報でよく見る「経験者優遇」というワードですが、これには一体どのような意味が込められているのか、その傾向が強い業界はどこで、上手に転職するためにはどうすればいいのかなどを紹介していきます。当サイトへのお問い合わせはこちらまでお願いいたします。