経験者が受けられる優遇の内容

経験を活かせる職場を選ぼう

今までの経験が活かせる職場を選ぶために知っておきたい情報を紹介しています。売り手市場の業界は転職しやすいですが、きちんと下調べをしなければ後悔する結果になってしまいます。そうならないよう、効果的に自分にマッチする職場を探す方法を知りましょう。

どのような優遇が受けられるのか

どのような優遇が受けられるのか

Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る

「能力に応じて優遇」

経験者優遇の職場に採用された場合に、具体的にどのような待遇を受けられるのかは気になることころです。特に「能力に応じて優遇」としているところは多いですが、これは前職の実務経験やそれにより培ったスキル、そして保有している資格などが査定対象となります。その人のスキルや資格を応募先の給与規定や人事評価制度に当てはめて待遇を提示する、という意味です。そのため、具体的にどの程度の待遇が得られるのかは面接に行かなければわからないです。良くも悪くも規定に沿った評価を受けることになります。そのため、短期で多くの額を稼ぎたいと考える人よりも、継続して仕事を続けて成長していきたいと考える人のほうが向いています。優遇とは書かれているものの、もっとかみ砕いて言えば「話し合ったうえでお互いにとってメリットがある範囲の待遇を考えましょう」ということです。

接客メインの仕事

飲食店や販売職などの接客が主な業務となる職場の場合、業務経験は履歴書に記載されている内容や面接時の自己申告によって判断されます。特に飲食店の場合は少しでも接客の経験があると経験者として優遇されることが多いでしょう。具体的な優遇の内容ですが、多いのは研修期間が短くなるというケースです。給与が大幅にアップするのは稀なケースです。ただし、店長やマネージャークラスへの転職であれば、給与を含めた大幅な待遇アップを見込めます。経験者かどうかを自己申告の内容で判断されるので、実際には働き始めてから優遇の度合いを決められるケースが多いでしょう。

資格や経験が必要な仕事

例えば介護職などの業務にあたって資格や経験が必要な仕事については、経験者は研修期間の短縮だけではなく給与や休日などの待遇が手厚くなるでしょう。未経験の場合は資格を取ってもらい業務経験を積んでもらう手間があるので、その必要がない経験者は初めから良い待遇を得ることができる可能性が高いです。

必ず直接確認を

経験者に対する優遇の程度について説明しましたが、実は経験者優遇の求人を出すのは企業側にとって難しい部分が多いのです。経験の有無で待遇に差があるものの、その差が大きかったりその内容を詳しく提示すると、未経験者からの応募がなくなってしまうからです。経験者しかとらないなら問題ないですが、「未経験者でも良いが経験者がいればもっとありがたい」と考えている企業は多いです。実際には経験者と未経験者の待遇にそれほど差がない場合もあります。そのため、優遇の度合いについては面接時に必ず確認しておくようにしましょう。

経験を活かさないのはもったいない

CATEGORY:
自分は応募しても良いのか?という不安

求人に「経験者優遇」と書かれていて、実際にその仕事を経験したことがあっても、本当に自分は応募しても良いのだろうかと悩んでいる人に向けてタメになる情報を紹介しています。どこからが経験者なのか、やはり未経験だと無理なのかなど、気になる点を解説していきます。

詳細をみる

経験者優遇で転職を有利に

求人情報でよく見る「経験者優遇」というワードですが、これには一体どのような意味が込められているのか、その傾向が強い業界はどこで、上手に転職するためにはどうすればいいのかなどを紹介していきます。当サイトへのお問い合わせはこちらまでお願いいたします。